×
HOME>アーカイブ>特別な形でもなく突拍子もない住宅にはならない
一軒家

意識の高い住宅に

横浜で住宅を購入ないし建てたいと考えた時、頭に浮かぶことは分譲住宅にするべきか注文住宅を選ぶ方が良いのかと言うことになると思われます。この時分譲住宅に比べ注文住宅の方が、費用が高く付くことは誰もが判ることではないでしょうか。そしてこの注文住宅を希望した時、その設計をデザイナーに依頼するものをデザイナー住宅と呼ばれています。デザイナー住宅の良さは、素人にはない感性をもった設計士が丹精込めて住宅造りを考えてくれる良さがあります。建築主が素人であり細かい部分に関してはプロによる拘りも必要になって来ることになります。そこには採光の取るための窓の位置や大きさ、使う資材などがデザイナーによる提案で、優れた住宅が完成することになり、とても住み良い住宅になると考えられます。更には将来のリフォームもしやすく考えてくれるなどいろいろな配慮も期待出来るデザイン住宅が出来上がることになります。

見た目は普通の住宅と同じ

横浜で求めデザイン住宅は、みかけが派手と言うものではありません。住む人の希望を適えることが最大の目的であり、長く住んでも疲れの来ない暮らしが出来るようにもなっています。また高級な資材を特別に使うこともありません。使う資材や設備においては、建て主さんと相談の上決めることになりますので、突拍子もない家が出来上がる訳でもありません。逆に見た目はごく普通の住宅でしかありませんが、一度中に入るといろいろな工夫がみられる住宅になっていることが多くなっています。デザイン住宅の良さは、建て主の考え方をデザイナーが良い住み良い住宅として考え設計してくれる良さにあります。そのため設計士との相性も非常に大事なことになり、自由に意見の言える設計士と仕事をするべきです。

広告募集中